インマルサット衛星を利用したデータ通信

Go to english site

ターミナル使用例 ~ 山岳地帯・砂漠地帯などで使用する各種設備の監視

山岳地帯・砂漠地帯などで使用する各種設備の監視

険しい山岳の山頂部や、厳しい気候の砂漠地帯などに、発電用の風車や観測レーダーなどの非常に重要な設備が配備されている事は稀ではありません。
こうした設備は、常に正常に稼働する事が重要であり、故障を未然に防ぐための自己監視システムを持っていることが多々あります。
しかし、こうした地域は従来の通信網のエリア外の事が殆どです。
そのため、高度な監視システムもその数値を確認するためには、定期的に人間がこの設備に出向いて行くか、この過酷な環境下に常駐する事を強いられます。
インマルサットIDP端末は、これらの監視システムのデータを衛星通信で送る事で、管理者の労力を大幅に軽減する事が可能です。

その他の使用例

海洋上を漂う漁業ブイの位置追跡
計測器(気温・水温・水位・放射能等)のデータ送信
災害時、ランドラインが使用不能になった時のバックアップ
山岳地帯・砂漠地帯などで使用する各種設備の監視

お問合せ
お問合せ